消泡剤の使用実現場

当社が得意とする紙パルプ工業用消泡剤の使用現場をご紹介いたします。

@紙の抄紙工程で使用する消泡剤の使用現場
右の写真は、某大手板紙(ダンボール原紙)メーカーの抄紙マシンの最終巻取り部分です。(ロールの紙幅が4m。)
このマシンでは、ダンボール紙が秒速500mから1000m/分の速度で製造されます。抄紙速度が速いほど、パルプスラリーの流れが速くなり泡の発生の度合いも多くなります。消泡剤の役割は生産スピードのアップと紙質の向上にあり、大きく貢献しております。

板紙抄紙マシン
 
AKP蒸解後洗浄工程で使用する消泡剤
右写真は某大手製紙工場様の蒸解後洗浄工程を示しましたが、木材チップを薬剤にて煮出した後、黒液スラリーとしてクラフトパルプ(KP)が生産ラインを流れていますが、黒液中の発泡成分(リグニンスルホン酸塩)とパルプを濾別する過程での濾別効率を上昇する為に消泡剤を添加します。消泡剤の添加によりKP生産の確保に貢献しております。

洗浄工程ウォッシャー